ABOUT

全聚徳 STORE
全聚徳 STORE
全聚徳ジャパン株式会社

北京ダックはかつて明朝宮廷の高級料理で宮廷では「金陵ダック」と呼ばれていました。15世紀初期、明朝が都を北京に移すと同時に、ローストダックの調理技術も北京に伝わり、宮廷料理としての地位をさらに高めました。 全聚徳は1864年に楊全仁氏によって創業され、宮廷で炙り鴨を調理していた料理人孫氏を迎えることにより、絶妙な美味しさの鴨料理を民間へと伝えました。歴史の本によると全聚徳の北京ダックについて、「それを越える料理は無い。最高の北京ダックだ。」と記されています。